静岡文化芸術大学(略称SUAC)の学生5人がつづる日記です!私たちのSUACライフをごらんあれ☆学外の皆さんも学内のみんなもコメント大歓迎◎
by ima-suac
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
SUAC日記メンバー募集! kon
☆SUAC日記メンバー募集のお知らせです☆

メンバー5人のうち4人が今年卒業なので、来年度から更新してくれるメンバーを探しています。「SUACをもっと広めたい!」「SUACのことをもっと知りたい!」という気持ちがあるSUAC生ならどなたでも大歓迎です。


昨年の4月から始まったブログ「SUAC日記」。
当初は私が一人で書いていましたが、徐々にメンバーが増え、1年たった今5人でここまで続けてくることが出来ました!
メンバーの中にはSUAC日記をきっかけに知り合った子や仲良くなれた子もいます。
また、SUAC日記を通じて多くのSUACの活動に触れることも出来ました。
「SUAC日記読んだよ!」という声は本当に嬉しかったです。

「SUAC日記」はまだまだ改善の余地があります。
もっとたくさんの学生や地域の方が参加するブログにぜひ育てて欲しいと思います。
卒業後もこのブログを通じてSUACの様子を知ることが出来たら、こんなに嬉しいことはありません。


まずはブログ「SUAC日記」を隅々まで覗いてみてください。
興味が湧いたらぜひima-suac@excite.co.jpまでご連絡ください。
よろしくお願いします!
[PR]
# by ima-suac | 2006-03-19 23:47 | kon(木)
卒業式の1日 kon
こんばんは、konです。
とうとう卒業してしまいましたよ~。
卒業式は泣けなかったのですが、
あとになってすごい寂しくてため息がちなこのごろです。

3月16日の卒業式は曇のち雨の天気。
ちょっとだけ寒い日でした。

ちなみにkonの卒業式の1日を振り返ると、
4時半:起床。実はあまり眠れなかった…。
6時半:着付けのため大学へ
7時:着付け完了。式まで3時間もあるのに!
9時:友達と写真撮影大会!
10時:卒業式開式
12時:学科ごと集合して卒業証書を受け取る
13時:急いでドレスに着替えて謝恩会へ
17時:学科の卒業パーティへ
20時:仲の良い友達と飲みなおす

うーん、非常に濃い1日でした。
泣いた、というよりも、すごくたくさん笑った!



d0018723_18575372.jpg
SUAC日記のメンバー4人も無事卒業を迎えることが出来ました。1年間、SUAC日記を読んでくださった皆様ありがとうございます。これから後輩にバトンタッチしていきたいと思いますので、今後とも「SUAC日記」をよろしくお願いいたします!
(写真は右:kon、左:おちびさんです☆)
[PR]
# by ima-suac | 2006-03-19 19:25 | kon(木)
出会う・感じる・創造し続ける・・・ nega
d0018723_22184865.jpg3月16日、天気は曇→雨。卒業証書をいただきました。

    平成17年度 静岡文化芸術大学
   卒業証書・大学院学位式授与式


つまり、卒業式です。
学部生の私達は、開学以来3回目の卒業生。
そして院生の方達は、初めての修了生となりました。

「卒業生・修了生謝辞」では我らがSUAC日記のまとめ役、konちゃんが!!
konちゃんの話を聴きながら私の頭の中には
4年分の学生生活の思い出がビューン!と4倍速!?で駆け巡りました……

式が終わると、学科別に教室で卒業証書を受け取りました。
そして大学のあちこちで、また、パーティ会場にて
後輩・既卒の先輩・教職員から、そして同じ時に巣立つ仲間から
情熱的な愛情 ↓ や温かいメッセージをたくさんもらいました!
d0018723_22135272.jpg
                             バラバラになりたくないな。寂しいな。
・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・
d0018723_931339.jpg2002年の大学入学当時を振り返ってみると、
知らない土地で、知らない人だらけの孤独な環境で
「自分から動かなきゃ何も始まらない」と感じました。

そこで消極的だった高校時代の自分を振り払い、
少しずつ勇気を振り絞り、学内外のいろいろな世界に
飛び込み、「自分らしさ」を開拓・発揮していきました。
周りの皆さんのありがたい叱咤激励を支えに……

卒業して、入学当初とはまた別の寂しさが込み上げてきました。
けれど、ここで築いた「つながり」や残した「証」がいつまでも、
そして発展的に活きるといいなと思っています。

今回はそんな想いから、SUACで共に歩んできた
大好きな友人が所属していた団体「CSN浜松」の活動を紹介します。

CSN(シーエスエヌ)とは、
College Student Network for community serviceの略称です。

d0018723_93056100.jpg
CSN浜松について、
インタビュー形式でお送りします。
★…「SUAC日記」negaによる質問 
★…「CSN」メンバーmuraによる回答


★CSNの目的と概要を教えてください。
★CSNは地域や地域市民に関わる問題に対して、
地域の大学生が行政・企業・市民団体との協働を通して彼らの抱える問題の
解決に主体的に取り組み、真の地域共生を実現することを目的として
設立されたNPO団体です。



★メンバー構成と人数はどのくらいですか?
★CSN名古屋・CSN豊橋・CSN浜松の3地域で
それぞれ組織されています。メンバーは、静岡大学、聖隷クリストファー大学、
浜松学院大学、静岡文化芸術大学の学生から成り、現在50名程度です。



★どんな活動をしていますか?
★現在(2006年3月)、主に8つのプログラムを行っています。

①アンドリーニャ教室
外国籍の子ども達への日本語での教科学習支援および居場所づくりを週1回、
高丘・湖東・豊岡・上島(浜北)教室、およびムンド・デ・アレグリア学校で行っています。

②FOS( Friends Of the School)
日本の公立小学校での放課後の学習補助(週1回)・運動会の運営の補助(毎年秋)を行う中で、
地域の学校との連帯関係を深めています。

③Handicraft Club
子ども達に浜松の「ものづくり文化」を伝えることを通して、世代や国籍を超えた交流を図っています。
YAMAHAとの協働による「エコギター」、 HONDAとの協働による「ダンボールクラフト」の
製作は企業の方に技術提供していただき実現しました。現在はイベントとして不定期に行っています。

④P-ch プロジェクト
HONDA従業員ボランティアの方と大学生の協働で、組立分解可能な「やらまいカー」を製作。
やらまいカーを使ったイベントの企画・運営を行っています。

⑤アンドリーニャ FC
多国籍のサッカーチームとして毎月2回(日曜の午後)、子ども達を集めて練習を行っています。

⑥FCバンク(コミュニティ・キッチン)
地域における生活困窮者の方への炊き出し、および海外(フィリピン・ブラジル)への
物資輸送による支援活動を行っています。

⑦フロントライン・ボイス(ラジオ体験取材)  
大学生が身近な社会問題を解決しようとしている人を体験取材し、ラジオ放送をしています。
「CSNのそれいけ浜松!!」は毎月第4週火曜の14:15~FMHaro76.1にて放送中です。

⑧公民館事業 
浜松市中部公民館の「地域育成事業」の一環として、CSN浜松が『MAP』という事業を担当しました。
浜松の国際化する街中で実際にフィールドワークを行い、その現状を子供たちに肌で感じ国際理解を深めてもらうことを目的としています。2005年度は6月から11月まで6回連続で開催しました。
 

★周知活動はどのように行っていますか?
★CSN浜松をもっともっと知ってもらいたい!!活動報告を
ブログにアップしたり、広報誌「コミュニティ・タイズ」を発行しています!
広報誌はSUACのサークル掲示板前の机に第1号・第2号が置いてあります☆
ぜひご覧下さい!!!



★今後、活動はどのように展開していきますか?
★CSNの活動の原点である「アンドリーニャ教室」の活動を中心に、
以上の8つの事業において、個々の学生が持つ「力」を十分に発揮しながら
地域社会に貢献していきたいと思います。
その際、先に挙げたキーワードである「行政・企業・市民団体との協働」、
「主体的に取り組んだ上での地域共生」は実体験として感じられます!
学生自身が考え、アクションを起こす中で活動は広がっていくと思います。


★最後に一言、お願いします!
★自分を成長させる場所、熱くなれる場所がCSNにはあるんです!!

詳細は、CSNのブログhttp://csn.seesaa.net/をご覧くださいね。
同時進行する複数の活動が、リアルタイムにわかるし、
学内では得られない交流の楽しげな雰囲気が伝わってきますよ。
私もHabitatの時に、CSN主催のイベントに参加させていただきましたが
大学・地域・年齢を超えた連携のパワーには圧倒されました。
今後もどんな活動を展開するか、要チェックですね◎


・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・・■・・・・□・・・
ありがとうございました!!

気づけば初登場から9ヶ月。

SUAC展の広報で取り上げてもらった際に
ブログの書き手を募集していたのがきっかけで
「SUAC日記」を始めました。

最後の学生生活の年にふさわしく
自分の日常や、仲間の様子を
ぽつぽつと情報発信してきましたが、
読者の皆様の
SUACの多様な側面への理解に
少しでもお役に立つことができましたら幸いです。


それでは、次の学生にバトンをつなげたいと思います。
またどこかでお会いしましょう! negaでした。

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。
最後ですので、コメントを残していただけるととても嬉しいです。
[PR]
# by ima-suac | 2006-03-18 09:51 | nega(水)
3月9日(木)もうすぐ卒業式。
いよいよ、卒業式が来週に迫りました!
私も今年卒業するのですが、まだ実感が湧かないのです。
着々と新生活の準備が進み、卒業式の予定も決まっているのに、
なんだか心だけが追いついてない。
けれど、4月には社会人。
きっちり心を入れ替えて学生気分を取り払わないといけませんね。

最近は時々しかSUACへ行かないのですが、
行くとスーツ姿の学生を良く見かけます。
就職活動の3年生ですね。
あれからもう1年たったのかぁ…なんて思います。
学内の掲示板では4月以降のイベントのお知らせが
貼ってあったりして、あ、もうこれは自分とは関係ないんだ
って思うとちょっと寂しくなったりして。

卒業式は来週16日。
着付けを大学でやってもらうので、集合時間が朝6時半という恐ろしいことになっていますが、これも一生に一度の晴れ姿のため!いっぱい写真とっていっぱいいろんな人と喋って楽しんできます!
[PR]
# by ima-suac | 2006-03-09 13:40 | kon(木)
3月8日(水)春のうららのSUACで・・・      nega
d0018723_231698.jpg夜はまだまだ寒いですが…
日中は暖かくなりましたね!

私はSUACにふらりと訪れて
を探してきました。

早速、大学の南側で発見!
ほっこり膨らんだつぼみは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『モクレン科 シデコブシ』
中部地方南部、兵庫県に
自生する落葉小高木。
3~4月、白~淡紅色の
花が咲く。ヒメコブシともいう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続いて、
大小のベンチがある屋上へ。
大学で太陽に一番近い場所です。日差しをいっぱい浴びて、
緑がぽつりぽつりと増えていました。
4月にはここに新入生が、癒しを求めてやって来るのかなぁと思い、
少し嬉しいような寂しいような気持ちになりました……。

d0018723_2325115.jpg先日、文化政策学部による
「卒業論文発表会」に参加
し、デザイン学部による
「卒業研究・制作展」
「修了展」を観て感じたのは、
表現方法は違っても
その根底にある
動機、問題意識や調査法、
そして改善策からみる想いは
互いに理解できるというSUAC
の学部・学科の特色でした。

そんな学びの多い大学から
卒業することとなりました。
(学生用掲示板で「卒業決定」
だと無事確認できました☆)

私は、新たな地で社会人生活を始めます。
あなたは、春からどんな生活が始まりますか?

私にも、あなたにも、心晴れやかな春が訪れますように……
d0018723_23254411.jpg

さて今度は、部活・サークル・同好会単位の卒業展覧会のお知らせです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
***********************************************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成17年度 彩筆会 『卒業展 春季展』

SUACの書道部「彩筆会」は3月14日(火)~3月18日(土)の期間
『卒業展 春季展』を開催いたします。

4年生にとっては最後を締めくくる展覧会であり、
それぞれの思いを込めて作品を仕上げました。
卒業式当日の16日(木)も開催しております。ぜひご覧下さい!

会期: 2006年3月14日(火)~18日(土)
会場: 静岡文化芸術大学 西ギャラリー
時間: 午前9時~午後6時 (最終日は午後5時まで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
***********************************************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
# by ima-suac | 2006-03-07 23:19 | nega(水)